おすすめ記事

デスクワークと猫背は関係ない?

『わたし猫背なんです』

そう悩む女性はとても多いものです。

猫背になることによって、背中は丸まり、お尻が落ち、お腹も前にせり出すので、老けて見えてしまいます。

女性としてはなるべく避けたいものです。

しかし、みなさん自分が猫背だという認識はあります。

その原因を聞くと口をそろえて言うのがデスクワークです。

 

たしかに一日中デスクに座って仕事をしていると、よほど姿勢を意識していないかぎりは、猫背になりやすいでしょう。

それが毎日繰り返されるわけなので、筋肉も凝り固まり、なかなか猫背から抜け出すことができません。

しかし、猫背にならず、姿勢を維持している人も少なからずいるのが事実です。

そういう人に話を聞くと、仕事中も背筋を伸ばしています、とのこと。

素晴らしいですね。

 

たしかにデスクワークが猫背になる原因であることは間違いありません。

しかし、問題の本質はそこではない。

デスクワークで猫背になることが問題なのではなく、原因に対してなにもしないことが問題です。

 

先ほどの方のように良い姿勢で仕事をすることでもよいですし、家に帰って背筋を伸ばすストレッチをすることでもよいでしょう。

わたしがすすめているのが、歩くときは背筋をしっかり伸ばすこと。

職業柄、人の姿勢をよくみる癖があるのですが、スマートフォンを見ながら歩いている方がとても多いです。

せっかく仕事を終えて身体が自由になった時間を、また下向きの姿勢にするということは、身体が一日中丸まっているということです。

身体が休まる時間がありません。

 

個人でパーソナルトレーナーの仕事をしていると、一日中動いていそうなイメージがありますが、接客の時間以外はほとんどがデスクワークです。

ホームページの管理、ブログやSNSの更新、メールの返信作業、顧客のデータ管理、売上の集計など、ほとんどの時間はパソコンに向き合った状態です。

それでも猫背にならないのは、歩くときの姿勢を意識しているためです。

わたしは歩くという日常の何気ない動作を大切にしています。

よほど美を意識しているか、トレーナーの仕事をしていない限りは、人の姿勢まで観察することはないと思いますが、外ではきちんと歩きたいものです。

原因をデスクワークにもとめず、できることをしてみてください。

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。