おすすめ記事

《実録》糖質制限でリバウンドしてしまう理由

『2ヶ月間、糖質制限でダイエットをしていましたが、せっかく痩せたのに元の体型に戻ってしまいました。』

最近は、そうした悩みを抱えてご来店されるお客さまが多くなりました。

いわゆるリバウンドです。

どうしてせっかく痩せたのに元の体型に戻ってしまうのでしょうか。

実際にわたしが接してきたお客さまとの会話にもとづいてまとめてみました。

ストレスが溜まる

ダイエットではできるだけストレスを溜めないことが大切です。

糖質制限をはじめると、米やパン、麺、スイーツなどを口にすることができません。そのため食べたいのに食べることができないというストレスを抱えることになります。

もちろん、それなりの厳しい制限をしているため、体重は減り、体型も細くなっていきます。

1〜2ヶ月の短い期間なら頑張れるという方も多いはずです。

しかし、問題はそのあとです。

ストレスからの暴食

厳しいダイエット期間が終わって、禁止されていた食べ物からもストレスからも解放されます。

やっと終わった、もう我慢しなくていいんだ。

そう思ってしまい、ダイエット中に食べることができなかった好きなものを口にするようになります。たしかにいつまでも糖質を口にしない生活を送るわけにもいかないので、当然といえば当然でしょう。

しかし、溜めこんでいたストレスが爆発してしまい、食べる量も以前よりも増えてしまう方も多いです。そのため中には、リバウンドどころかダイエットをはじめる前よりも太ってしまう方もいます。

健康のためを思うのであれば、もしろダイエットをしないほうがまだ良かったのかもしれません。

食べることが怖くなってしまう

わたしが一番問題視しているのは、リバウンドしてしまうことではなく『食べることが怖くなってしまう』ということです。

身体の問題は解決できても、心の問題はなかなかすぐには解決することができません。

糖質制限で失敗を経験すると、いつまでも『糖質=悪いもの=太る』というイメージが頭に刷り込まれてしまいます。

実際そんなことはなく、糖質はカラダの主要なエネルギー源になりますので、トレーニングをする方には欠かせないものです。

逆にいえば、エネルギーがなければトレーニングの質も下がる。そしてダイエットの効率も落ちるということです。

しかし、頭でそうは分かっていても一度刷り込まれてしまった『太る』というイメージをなかなか払拭できない方が多いです。

その後も『これはダメ、これは太る』という考えでしか食べ物を選ぶことができなくなってしまうようです。

短期集中型のジムのほとんどが糖質制限をすすめているという点

冒頭でも記述したように、スタジオにお越しいただいているお客さまの中には、過去に短期集中型のパーソナルトレーニングジムに通っていたという方も多いです。

その時の食事内容をうかがうと、ほとんどが糖質制限です。

お客さまとしては1〜2ヶ月という短い期間で痩せたいでしょうし、ジムとしてもその要望に応える必要があります。

そのため、どうしても短期集中型のパーソナルトレーニングジムでは糖質制限のような即効性のあるダイエットを提案する形になります。

食品禁止リストを渡されるところもありますし、毎回の食事の写真をトレーナーに送らなければならないところも多いはずです。

お客さまの中には、パーソナルトレーニングはしたいけれど糖質制限はしたくないという方もいます。そういう方は、短期集中型ではないジムを探すか、短期集中型でもお客さまの希望を聞いてくれるジムを探すと良いでしょう。

ただし、ダイエット期間が終わった後のことまで考える必要があります。

基本的にはダイエット期間が終了したら、リバウンドするかどうかは自分次第だからです。

わたしのスタジオでは糖質制限はすすめていない

わたしのスタジオでは女性の心と体の健康を最優先しています。そのため糖質制限はすすめていません。

これは糖質制限にかぎった話ではありませんが、少しでもリスクのあるダイエット法は避けたいからです。

軽い筋力トレーニングと有酸素運動、そして、少しだけ食事のカロリーを抑えるという、一般的なダイエット法を提案しています。

そもそも「パーソナルトレーニング=短期で痩せられるジム」ではありません。わたしのスタジオもそうした性質ではありませんので、短期集中型ジムのように○ヶ月コースというメニューも設けていません。

リバウンドを防ぐには、週に1回でも、月に1回のトレーニングでもいいので、とにかく運動から離れないことが大切だからです。

健康をとるか、一時的な喜びをとるか。

すぐに痩せたいという女性の願いを叶えてあげるのか。それとも、少し時間がかかっても健康的に痩せてほしいのか。わたしは昔から一貫して後者ですが、これは指導者として永遠のテーマだと思います。

もし2ヶ月後に人生に二度ととないような大切なイベントがあるのであれば、糖質制限ダイエットももしかしたらありなのかもしれません。

しかし、心と身体の健康を大切にするのであれば、すこし時間がかかっても負担の少ないダイエット法を選ぶべきです。

健康は大切です。パソコンやスマートフォンなどは壊れてしまっても、データは消えてしまいますが、同じものを買うことは可能です。しかし、健康は一度損ねてしまうと、元の状態に戻すのにとても長い時間が必要とするか、最悪の場合は元に戻らないこともあります。

最終的にはダイエットは自分の責任になります。

まとめ

日本国内で糖質制限ダイエットが流行りはじめて数年がたちます。

はじめの頃は、メディアでも大々的に取り上げられ、その効果の高さに日本中のダイエッターが飛びついたものです。

しかし、時間を経て、失敗を経験する方の数も増えています。

今でもそうですが、糖質制限ダイエットはその安全性についての論争が続いています。研究者の間で論争が起こるくらいですから、わたしを含め一般的の方に真実がわかるはずもありません。

わたしができることといえば『少しでもリスクが語られていることは避けること』です。

それがお客さま、そして女性の健康を守ることだからです。

ここに書いたことは、糖質制限ダイエットをされている方すべてに当てはまるわけではないと思います。

しかし、過去に糖質制限ダイエットを経験されたお客さまの中には、今も健康について悩まれている方が多いという事実を知っていただければ幸いです。

 

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。