ダイエット

女性らしいカラダとは?

『女性らしいカラダになりたい』

そうした想いでダイエットをはじめる方は多いはずです。

しかし女性らしいカラダとはなんでしょうか。

今回はこのテーマについて考えていきたいと思います。

女性らしいカラダの定義は?

女性らしいカラダの定義は、人それぞれ異なるもので、そこに答えはないと思っています。

わたしの考える女性らしいカラダとは、しっかりカラダに凹凸があり、姿勢が綺麗で、健康であることです。

最近のカラダづくりの風潮は、カラダを絞り、引き締めていくことが女性らしいカラダとみなされつつあります。しかし、体脂肪は減るけれども、胸やお尻などの凹凸がなくなることに悩みを抱える女性が多いのも事実です。

カラダの凹凸がなくなるということは、つまり『男性の身体に近づくこと』を意味します。

女性の体脂肪率のおおよその目安は22%前後です。

しかし、22%前後だと『現代の基準』では、ややぽっちゃりに感じ、もっと少し絞りたいという女性が多いようです。

わたしは個人的にはやはり22%前後が良いと思っています。

胸のサイズに悩む女性が増えている?

身体が絞れていた方が、女性社会では優位に見られる傾向があるのだと思います。

しかし、必要以上に体脂肪を落とそうとするあまり、女性のシンボルである『胸』まで小さくなってしまうことに悩む女性が多いです。スタジオにお越しいただく女性の中でも胸に関してのご質問が多いです。

腹筋に線が入るくらいまで鍛えあげる『腹筋女子』もその一つでしょう。体脂肪を減らさなければもちろん腹筋の線は見えませんし、でもそうすると胸のサイズは落ちます。胸は脂肪ででていているため当然といえば当然です。

胸のサイズは筋トレで解決できる?

胸のサイズを上げるために『胸を鍛えましょう』というのもいかがなものかと思っています。

少し無理矢理感がありますし、将来的に胸が垂れてしまうことを予防することができたとしても、やはり筋肉と脂肪は別物です。本質的な改善法ではありません。

お尻に関していえば、脂肪の割合が多い胸とは異なり、もともと筋肉の密度も多い部位なので、鍛えることでボリュームを出すことはできます。

胸は諦めてしまっているけれど、お尻は鍛えることでボリュームが出ることがきちんと証明されていますので、お尻を鍛えることがブームになっていますね。

食生活にも問題がある

食生活の影響も軽視することができません。

カラダを絞るためにはカロリーを控えめにする必要があります。そのため、鶏肉や野菜ばかりといったいかにもダイエット食という食事をずっと続けてしまう女性が多いようです。

そうした食生活をずっと続けると脂質が不足します。脂質は乳腺を発達させる女性ホルモンの原材料になりますので、あまりに不足しすぎると胸のサイズも落ちていきます。

体重を落とし、カラダを絞ることばかりに夢中になると、つい極端にカロリーの少ない食生活を続けてしまう方も多いので、極端なダイエット食はほどほどにし、きちんと脂質も摂るようにしましょう。

まとめ

今はTwitterやInstagramなどのSNSによって、いままでは目にすることのなかった他人の生活や身体を簡単に見ることができる時代になりました。

SNSがなければダイエットや筋トレがここまで女性の間で流行らなかったでしょう。

ただその一方で『腹筋が少し割れていないとダメ』『小尻なんかじゃダメ』『このモデルさんくらい痩せないとダメ』というように、時代に乗り遅れているのではないかとあせりを感じてしまう女性が増えているのも事実です。

わたしは『美しさ』と『流行』は完全に切り離して考えています。

もちろんお客さまの希望に合わせたカラダをつくっていくようにしていますが、胸のサイズを犠牲にするくらいであれば腹筋は割れていなくても良いと思いますし、小尻が好きなので無理にお尻を鍛えて大きくする必要もない。

流行に乗っていないから女性的な魅力がないとは思いません。

その人が生まれ持った骨格のバランスや、性格的な部分、好きなファッションはそれぞれ違います。なので、そうしたこと加味しながらカラダをつくっていくことの方が、流行という型に自分をはめ込んでいくよりも大切です。その方が個性もあって面白いです。

流行に流されることなく『自分が思う美しさ』を追求していただきたいです。

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。