ダイエット

トレーナーから見たパーソナルトレーニングジムの選び方

ここ最近のトレーニングブームでパーソナルトレーニングジムも増えるようになってきました。

しかし、どのパーソナルトレーニングジムが良いのか分からないという方も多いと思います。

トレーナーの私が語ると偏見があったり、公平性に欠けたりしますので、あくまでもお客さまから聞いた声と、一般的な常識に基づいて書かせていただきます。

資格を持っているか

トレーニングまたはダイエットの指導は、お客さまのカラダの健康や安全に直接的に関わるものです。

そのため、そのトレーナーがどんな資格を持っているのかを把握することは大切です。

その資格は信頼性があるかどうか

パーソナルトレーナーという職業には国家資格がありません。

そのため資格を持っていなくてもトレーナー活動はできてしまいます。

パーソナルトレーナーの資格はすべて民間の資格になります。その中でも『〜アドバイザー』や『〜マスター』といった資格の乱立が起きており、どの資格が良いのかは一般の方のみでなくトレーナーを目指す方にとってもわかりづらいものです。

日本で取得可能な信頼性の高い資格は次のものです。

【NSCA 全米ストレングス&コンディショニング協会】

  • NSCA-CPT(パーソナルトレーナー)
  • NSCA-CSCS(ストレングス&コンディショニングコーチ)

 

【厚生労働大臣認定、健康・体力づくり事業団体発行】

  • 健康運動実践指導士および健康運動指導士

 

【ACSM アメリカスポーツ医学会】

  • ACSM-HFI (ヘルス&フィットネスインストラクター)

 

もちろん資格を持ってさえいれば良いのか?という声もあります。

資格を持っていなくても優秀なトレーナーはいるでしょう。しかし、資格を持っているということは、最低限の知識を習得しているという証拠になりますし、それだけこの仕事に対して熱意を持っているということでもあります。

ホームページのスタッフ紹介を見ること

パーソナルトレーニングジムを選ぶ際は、お店のホームページの『スタッフ紹介』もよく見るようにしましょう。

そのトレーナーがしっかり資格を持っているかどうかを確認することです。ジムの中にはスタッフ紹介の項目がないところも多いので気をつけてください。

またこれもよくあるケースですが、企業自体は大手であっても実際に指導してくれるトレーナーはアルバイトであったり、トレーニング未経験かつ研修をほんの数ヶ月終えたばかりだったりもします。

ブランド力のある企業であっても、実際の指導では人対人であることを忘れないようにしましょう。

話をしっかり聞いてくれるか

パーソナルトレーニングにおける主役はお客さまです。

そのためお客さまが、どんな目標を叶えたいのか、どんなことで悩んでいるのかをきちんと聞いてくれるかが大切です。

よくあるケースが『今日から炭水化物はすべて抜いてください』『週に2回は必ずトレーニングに来てください』『今日から外食はやめるか、禁止されているものは食べないでください』のように、トレーナーから押し付けてくるといったもの。

トレーナーももちろん仕事で指導していますが、お客さまも仕事をしており個人の付き合いもあります。主役はお客さまであることは忘れてはいけません。

自分の話ばかりする、希望を聞いてくれない、食事の内容を押し付けてくるといった場合は、実際のトレーニングもお客さまの希望を無視してくる可能性が高いと思われます。

無料カウンセリングや体験レッスンをおこなっているジムが多いと思いますので、その段階でしっかり見極めるようにしましょう。

社会的常識があるか

トレーナーは指導者である前に、一人の社会人であり大人です。

きちんと挨拶ができるか、タメ口ではなく敬語で話してくれるか、最低限の清潔感あるか、遅刻はしないかなど。

常識的な部分に問題がある場合は、実際のトレーニングの進行にも影響が出る可能性があるので注意してください。

こんな基準では選んではいけない

ジム選びの際に、実際によく起こっている失敗例をあげてみました。

憧れのトレーナーがいる

好きなトレーナーがいる』という理由でジムに通うことは問題ありません。せっかく高いお金を払って通うのですから希望のトレーナーに教わりたいはずですし、その方がモチベーションも上がります。

しかし、せっかくジムに入会したものの、希望していたトレーナーに見てもらえないということはよくあることです。人気があるため予約が取れなかったり、一部の会員(タレントやモデルなど)にしか指導をしていなかったり、指導はせずに経営側に回っていたりすることがあります。

また、入会前のカウンセリングで対応してくれたトレーナーと、実際のトレーニングで指導してくれるトレーナーが異なる場合もあります。その点も、事前にきちんと聞いておくことが大切です。

すぐに痩せられる

『2ヶ月で○○kg痩せる』といったジムが増えています。そうした結果が得られたことは事実でしょうし、それを否定するつもりはありません。

しかし、すぐに結果が得られるということはそれなりのリスクがあるということを知っておくべきです。

一時的には劇的に痩せることに成功したけれど、そのあとすぐにリバウントしてしまった、生理が止まってしまった、日常生活に支障がでたという話はよくあることです。そうしたダイエットで失敗を経験されて、当店にお越しいただくお客さまもいらっしゃいます。

以前、その記事をまとめましたのでご参照ください。

あわせて読みたい
《実録》糖質制限でリバウンドしてしまう理由『2ヶ月間、糖質制限でダイエットをしていましたが、せっかく痩せたのに元の体型に戻ってしまいました。』 最近は、そうした悩みを抱えて...

料金が高い = 良いジム?

パーソナルトレーニングといっても、その料金はピンからキリまであります。相場がはっきりしていません。

料金が高いから良い指導が受けられるとは限りません。料金が高いのはもしかしたらブランド代や土地代なのかもしれません。先述したように、大手企業でもアルバイトやトレーニング未経験者を雇っているところは多く存在します。

必ずしもそうとは限りませんが、飲食店であれば良い素材を仕入れる必要があるでしょうから、それに伴って料金も上がるでしょう。しかし、パーソナルトレーニングはあくまでサービス業。人対企業ではなく、人対人であることを忘れてはいけません。

また、ホームページで見た料金よりも高くついてしまうという声もよく聞きます。別途でサプリメントを買わされたり、レンタルウェアやシューズ代、ロッカー代などがかかってくる場合があります。入会する前にきちんとお話を聞いておくことが大切です。

場所が近い

ジムが近いという理由で選ぶ方も多いと思います。たしかにその方が仕事帰りに寄れますし、交通の面でも負担も少ないです。

しかし、それは一般のフィットネスクラブの場合です。先述しましたが、ジムで過ごすほとんどの一人で過ごすフィットネスクラブと、トレーナーと一対一でトレーニングをおこなうパーソナルトレーニングは、根本的に性質が異なります。

パーソナルトレーニングはトレーナーとの相性を優先しましょう。いくらジムまで近いといっても、相性の悪いトレーナーとトレーニングを進めても負担になりますし、そのうち行くのが嫌になってしまいます。

パーソナルトレーニングは決して安い買い物ではありません。少しジムまで距離が離れていたとしても、相性のよいトレーナーの元でトレーニングをすることを勧めます。もし定期的に通えないようであっても、その旨をきちんとトレーナーに伝えれば、自宅でできるメニューを組んでくれたり、何かしらの対応はしてくれるはずです。

まとめ

暖かい季節になり、これからパーソナルトレーニングジムに通おうとしている方も多いと思います。

できればいくつか気になっているジムに、無料カウンセリングや体験レッスンに行ってみることをオススメします。その際に、立地や施設の雰囲気のみでなく、担当のトレーナーとの相性もきちんと把握しておきましょう。

パーソナルトレーニングは、トレーナーとお客さまが二人三脚でカラダをつくりあげていくものです。「最初だけトレーナーに見てもらって、あとは自分で頑張る」と口にしていた方も、トレーナーとトレーニングをすることが楽しく、気付いたら2年、3年と長い付き合いになっていることも多くあります。

理想のトレーナーと出会うことができ、身体も生活も今までよりも充実した形に変わっていくことを願っています。

 

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。