運動

生理中でも安心。好きなペースで通える。キレイをみがく大人のジム。

『ダイエットをはじめたら生理が止まってしまいました。』

体型だけでなく、婦人科系の悩みを抱えてお越しいただく女性が増えてきました。

ゆっくりお話を伺うと、共通しているのが「1〜2ヶ月で急激に痩せようとしたこと」や「糖質をすべて抜いたこと」です。ジムに通い、トレーナーに指導してもらうことは必ずしも安全を保証するものではありません。女性がダイエットをする場合は、婦人科系の問題について慎重になる必要があります。

ところが生理の話など、デリケートな内容についてはなかなか人に相談しにくいものです。

男性のトレーナーであればなおさらです。熱心に教えてくれているのに「生理がきちゃって…」なんて言ったら、なにを言われるか分かりませんし、申し訳なく思ってしまう方もいます。

また、女性のトレーナーでも「私は生理中でもトレーニングはする」というように、自分にきびしいあまり、相手にもそれを求めてしまう方もいたりします。

男性には生理痛のツラさはわかりません。男性は体調管理さえきちんとおこなえば健康に暮らすことができますが、女性はそうではありません。

生理のツラさは生理が始まってからだけではなく、むしろ『生理前』から起こります。つまり月の半分は体調が万全ではないということです。頭痛や腹痛、吐き気、倦怠感、情緒不安定、食欲の亢進、体重の増加など。カラダもココロもツラい状態が続きます。

せっかくダイエットをはじめたのに、どうしても食べてしまうし、トレーニングのモチベーションもあがらない。

そんな時に男性から「なんか太った?」「甘えてるね。」「サボってる。」「ちゃんとやらないと。」などと心無いことを言われたらとても悲しくなります。カラダのことだけでなく『このツラさをわかってくれない。』という気持ちもあります。

 

カラダを大切にすること。

「指導者とお客様」である前に「ひとりの男性とひとりの女性」です。

BEAUTY & STRENGTH表参道では、ひとりひとりの女性に優しい指導を心がけています。

きびしい運動や食事制限をさせないのは『カラダとココロ』を大切にするためです。健康で綺麗なカラダを目指すはずのダイエットで、生理が止まってしまっては、それは身体を壊しているだけでダイエットとは呼びません。

単発または回数券(有効期限なし)のプランをご用意しております。昔から月謝制や2ヶ月集中プログラムというプランにしない理由は、生理期間中は無理をせずに、ゆっくりカラダを休めていただくためです。

これからも女性が通いやすく、女性の気持ちに寄り添ったジムで在り続けます。

代表 浅野
ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。