ダイエット

嫉妬する人と嫉妬される人。

わたしは受験勉強をした経験がありません。

成績はいつもトップだったので、高校も大学もすべて学校からの推薦で入学させていただきました。

そうすると不思議です。周りから「ずるい」「いいよな」という声がかならず聞こえるのです。

しかし、それっておかしな話です。

ずるいことをした記憶はありませんし、元から頭も良いわけではありません。

ただ、普段の授業からきちんとノートを取って、予習と復習だけは欠かしませんでした。授業中に寝たことも一度もありません。「学ぶ」ということが好きでしたし、だらしない学生にはなりたくなかったからです。

むしろ「ずるい」「いいよな」とこぼす生徒ほど、人からノートを借りたり、授業をサボったり、居眠りしていたりします。そっちの方がよほどずるいと思います。

そして、試験直前になるとアセり出して、一夜漬けに走る。

まず、日本の学校の試験は「暗記」すれば良いだけのものがほとんどなので、頭の良さというよりも、その人の努力次第です。

 

ダイエットも非常に似ている気がします。

ついスタイルの良い人をみると「ずるい」「いいよな」と思ってしまうことってあると思います。そして、そういう人が甘いものを食べていると「え、甘いもの食べるの。それなのに痩せてていいな。」と思ったりもします。

ちがいますよね。

日頃から控えめな食事をしているはずでし、運動もきちんとしているかもしれません。特別なことをしているわけではないし、体質的に恵まれているわけでもないはずです。

人間って「その人の一部だけしか見ない」傾向があります。

逆に、努力しない人ほど、日頃から好きなだけ食べ、好きなだけ飲み、その割には動こうとしない。でも、嫉妬はする。

そして、試験の一夜漬けのように短期間で帳尻を合わせようとしますが、世の中そんなに甘くありません。リバウンドします。

 

学生も大人もいつまでも変わらない人は変わりません。自分で自分の過ちに気付き、自分で改善するしかありません。普段の生活のあり方って大切です。生活というよりも性格かもしれませんね。

日頃からコツコツと努力をかさねることの大切さです。

 

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。