ダイエット

月1でもOK!パーソナルトレーニングで「動ける女」になる。

運動の経験がないんですけど、こんなわたしでも大丈夫ですか?

スタイルのいいカラダになりたい、あるいは体力をつけたいけれど、運動に自信のない女性は多いものです。最近はこのような悩みを抱えてお越しいただく女性が増えてきました。

パーソナルトレーニングというと、ブラトップとロングタイツを着た女性がバリバリ鍛えているイメージがあります。

もちろんそういうところもあるでしょう。私はパーソナルトレーニングは、トレーニングどころか運動すらしたことがないという人のためにあると考えています。少なくとも私のスタジオはそのような女性のためにあります。

“初心者こそパーソナルトレーニング。”

たとえ運動神経が悪くてもトレーニングはできますし、スタイルの良いカラダをつくることもできます。運動神経とスタイルの良いカラダをつくることは関係ないからです。

運動が苦手という意識は、ほとんどが過去の経験によるものです。

学生時代の体育の成績がその典型です。足が遅かった、泳げなかった、球技ができなかったなど。苦手といってもその程度です。そもそも一人一人の生徒に手取り足取り教えてはくれませんので、できない生徒はそのままになってしまいます。

上手な生徒だけが褒められ、そうでない生徒には低い成績が与えられておしまいです。『わたしは運動が苦手』という意識を持ったまま大人になってしまいます。

トレーニングの良さは、誰かと競うものではなく、成績をつけられるものでもなく、どんな人にもできるというところにあります。はじめのうちは体力がなかったり、身体が硬かったりするかもしれませんが、それらはあとからどうにでもなります。

トレーニングは勝負ではない。自分と向き合う大切な時間。

トレーナーに教わるというのがポイントです。一人でジムに通うのはトレーニングの経験をある程度積んでからにしましょう。体育の授業のように、誰かが筋トレを教えてくれるわけではないので「苦手意識」がついてしまいます。

トレーナーに教わりたいけれど、お財布的に厳しいという方は、このくらいのペースなら通えるということを伝えましょう。心からトレーニングが好きで、お客さまを大切にしているトレーナーであれば、決して無理は言わず、あなたに見合ったプランを組んでくれるはずです。限られた条件の中でもきちんと結果を出すのがトレーナーです。

“BEAUTY & STRENGTHでは、月1ペースのお客さまもたくさんいらっしゃいます。”

トレーニングはある程度慣れてきた時に感じる楽しさもありますが、なにもわからないサラの状態から新しいことを学んでいく楽しさもあります。

ほんの少しの勇気を持って一歩前に踏みだしてみてください。

“世の中には2種類の人間がいる。コンプレックスをコンプレックスのままにして一生を終える人。もう一方は、コンプレックスを克服し、強みにすら変え、人生を実りあるものに育てていく人。”

代表 浅野

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。