食事

「プロテインは飲んだ方がいいの? 」トレーニング初心者女子のためのプロテイン基礎講座。

トレーニングをはじめると迷うのが「プロテインは飲んだ方がいいのか。です。

女性でもプロテインを飲む方が増えてきました。ブログやSNSに写真をあがっているのを一度は目にしたことがあるかと思います。

しかし、トレーニングをはじめたばかりの女性にとってはまだまだ敷居が高いもの。

今回は、乗り遅れてしまった方でも安心していただけるように、わかりやすくまとめました。

プロテインってなに?

まずそもそもプロテインとはなにか。

私たちが生きていくには主に五つの栄養素が必要です。炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルです。このうちどれか一つでも欠けるとカラダに異常がでます。この五つは日常の知識としても役に立つので覚えてしまいましょう。

たんぱく質(Protein, プロテイン)がそのうちの一つにあります。

たんぱく質は、肉や魚、卵、乳製品(牛乳や豆乳、ヨーグルトなど)に多く含まれています。

私たち日本人がプロテインと呼んでいるのは、栄養素としての「たんぱく質」のことを英語で呼んでいることになります。ですので、粉やドリンクで売られているものは正しくはプロテインパウダーやプロテインシェイクなどと呼ばれます。

たんぱく質が不足するとどうなるの?

たんぱく質の役割は、私たちの身体をつくることです。

筋肉だけでなく、などさまざまな細胞の材料になります。なので、たんぱく質が不足すれば、筋肉は衰え、髪はゴワゴワし、肌はハリがなくなり、爪ももろくなります。

カルシウムをイメージするとわかりやすいです。カルシウムが不足すれば骨はもろくなります。同じように、たんぱく質が不足すれば筋肉も衰えやすくなるのです。

後述しますが、たんぱく質が足りていない人がプロテインを飲むことで、筋肉の衰えを防ぐことができます。

基本は食事からとること。

たんぱく質は肉や魚などに含まれていますので、食事から摂るに越したことはありません。

そして、食事からとればビタミンやミネラルなども一緒にとることができます。あまり知られていませんが、たんぱく質だけを摂ってもカラダには吸収されず、ビタミンなど他の栄養素もセットで摂ってはじめて身体の細胞になるのです。

プロテインを飲んだ方がいい人。

基本は食事からたんぱく質を摂ることが大切ですが、忙しい現代人はなかなかバランスのいい食事を摂ることができません。

麺やパンなどの炭水化物を多く含む食事は摂りやすい一方で、どうしても調理に手間や時間のかかる肉や魚などは後回しになってしまいます。特に朝は急いでいることもあって欠けやすくなる傾向があります。

そういう人はプロテインを用意しておくと安心です。朝がパンだけならプロテインを飲むとバランスがとれますし、夜遅くに仕事から帰ってきて何も食べないのではなく、プロテインを一杯だけ飲んでおいた方がいいでしょう。

あくまで不足した栄養を補うものという役割です。これをサプリメントと呼びます。

先ほどカルシウムについてお話ししましたが、カルシウムのサプリメントも売っていますし、マルチビタミンなどのサプリメントも売っています。

飲むだけでは筋肉はつかない?

数多くあるサプリメントの中でもどうしてもプロテインだけが特別な存在として見られてしまいます。筋トレをしている人が飲むもの、筋トレをしていないのに飲んだら太るなど、まだまだそうした誤解があります。

繰り返しますが、プロテインはサプリメントであり「足りない栄養を補うもの」です。プロテインを飲んだからといって筋肉がつくわけではありません。筋肉をつけるには筋肉に刺激を与える必要があります。だから「筋トレ x プロテイン」というセットになるのです。

家を例に例えると、筋トレが職人さん、プロテインが材料です。職人さんがいても材料がなければ家は建ちませんし、材料があっても職人さんがいなければ家は建ちません。二つ揃ってはじめて筋肉がつくのです。

ただし「骨 x カルシウム」のセットと同じように、たんぱく質が不足するとやはり筋肉は衰えていきますので、普段の食事でたんぱく質が足りていない方は、プロテインを飲むようにすると良いでしょう。

まとめ

基本的な内容となりましたが基本が一番大切です。むしろ基本しか必要ないと思っています。

わたしがプロテインを飲みはじめたのは中学生の時。もう20年近く経ちます。当時は好奇心旺盛でしたから、近所のスポーツショップに置いてあったサンプルを全部いただいて(本当にごめんなさい)、戦利品でも獲得したかのように友人に自慢し、みんなで給食の牛乳に混ぜて飲み比べてなんてしていました。(店員さんがおかしいと思ったのでしょうか。その後、サンプルは置かれなくなってしまいました)

なにをお伝えしたいかというと、当時から考え方は変わっていないということ。どんなにトレーニングが流行ろうが、新しいプロテインが次々と発売されようが、基本さえわかっていれば大丈夫ということです。

トレーニング歴の長いベテランの方でも「運動もしていないのに飲んだら太る」と誤解しているケースがあります。どんなプロテインがいいか、いつ飲んだらいいか、プロテインがカラダに合わない場合はどうすればいいかなど、人それぞれ分からないことがあると思いますので、またの機会に書かせていただくか、直接ご相談ください。

この記事を読んで、少しでもプロテインの知識がついたという方がいればこの上ない喜びです。

 

 

スタジオ紹介

BEAUTY & STRENGTH 表参道
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-20-1 B-004
電話番号:非公開
受付時間:10:00 〜 23:00 (定休日:第2・4日曜日)
公式ホームページ:http://www.studio-beautyandstrength.com

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーの知識を習得。2012年、東京の表参道に女性専門パーソナルトレーニングスタジオ『BEAUTY & STRENGTH』を設立。「健康美」をテーマとして、女優からモデル、タレントをはじめ、10 〜 60代まで幅広い層の女性の指導をおこなう。