ダイエット

【自宅から近いだけじゃダメ?】現役トレーナーが教えるパーソナルトレーニングジムの正しい選び方。

街のあちこちでパーソナルトレーニングジムを目にする時代になってきた。

あなたの周りにもパーソナルトレーニングに通っている人が1人や2人はいるのではないだろうか。

しかし、「どこのパーソナルトレーニングジムが良いのか分からない」という方もいると思う。

そこで今回は、現役パーソナルトレーナーである私がジムの選びのポイントをご紹介する。

なお、私が話すと「この人、自分に有利なことしか話さない。」と思われてしまうので、実際に私が女性のお客様からいただいた声をもとにお話させていただくことにする。

 

これだけは知っておきたい!パーソナルトレーニングジム選びのポイント!

担当のトレーナーは信頼性のある資格を持っているか

トレーナーの仕事は、お客様の健康に直接的に関わるものである。

だから、自分の体を守るためにも、担当のトレーナーがどのような資格を持っているのかをある程度把握しておくことはとても大切である。

実は、パーソナルトレーナーとして働くには、パーソナルトレーナーの資格は必要ない。

「え?じゃあ誰でもパーソナルトレーナーになれるの?」と思うかもしれないが、誰でもなれてしまう。今日からでも。

パーソナルトレーナーという職業には国家資格がないので、「自称パーソナルトレーナー」と名乗って活動することができてしまうのである。大手のパーソナルトレーニングジムでも、アルバイトや社内研修を終えたばかりのスタッフを雇っているケースは多くある。

ただし、信頼性のある民間資格はいくつか存在する。それらを以下に記したので、担当のトレーナーが持っているかどうかチェックしよう。

【NSCA 全米ストレングス&コンディショニング協会】
・NSCA-CPT(パーソナルトレーナー)
・NSCA-CSCS(ストレングス&コンディショニングコーチ)

【厚生労働大臣認定、健康・体力づくり事業団体発行】
・健康運動実践指導士および健康運動指導士

【ACSM アメリカスポーツ医学会】
・ACSM-HFI (ヘルス&フィットネスインストラクター)

上記の資格は、国外や国内で取得できる信頼性のある資格である。まずは、担当のトレーナーが該当する資格を持っているかどうかチェックしよう。

「資格を持っていなくても優秀なトレーナーはたくさんいる」という声ももちろんあると思う。

たしかに、資格を持っていなくても優秀なトレーナーはいるし、その逆も然りだ。

しかし、資格を持っているということは、トレーナーとしての最低限の知識を習得しているという証拠になる。そして、この仕事に対して熱意を持っているということの顕れでもあるのだ。

話をしっかり聞いてくれるか

パーソナルトレーニングにおける主役はお客様である。

お客様がどんな目標を達成したいのか、何に悩んでいるのか、ということにきちんと耳を傾けてくれるトレーナーを選ぼう。

よくあるのが『今日から炭水化物は摂らないでください』『今日から外食も控えて、決まったものを食べてください』という具合に、トレーナーから押し付けられるケースだ。

お客様も仕事で忙しいし、家族や友人と食事に行くことだってある。

トレーナーが自分の考えを押し付けてくる場合は、実際のトレーニングでもお客様の希望を聞いてくれない可能性が高い。

無料カウンセリングや体験レッスンをおこなっているジムも多いので、トレーナーが真摯に耳を傾けてくれるかどうかチェックしよう。

社会的常識があるか

トレーナーはトレーナーでである前に、1人の社会人であり大人である。

きちんと挨拶ができるか、タメ口ではなく敬語で話してくれるか、最低限の清潔感あるかなど、人としての常識があるかどうかをチェックしよう。

「有名なトレーナー = 常識がある」という式は必ずしも成り立たたず、人を平気で不快にさせるようなトレーナーとは良い関係を築けるとは思えない。

知名度の高さに関わらず、常識があって誠意を持って接してくれるトレーナーは必ずいるので、そういう人を選んだほうが良い。

 

こんな理由でパーソナルトレーニングジムを選んではいけない!

好きなトレーナーが教えている

『好きなトレーナーが教えている』という理由でジムを選ぶ人も多いだろう。

それ自体は問題ではない。せっかく高いお金を払うのだから、好きなトレーナーに教わりたいし、そのほうがモチベーションも上がるだろう。

しかし、入会したのに希望していたトレーナーに会えないということはよくある。人気があるのでまったく予約が取れなかったり、経営側に回っていてトレーニングの指導はしていなかったりすることもある。

また、入会前のカウンセリングで対応してくれたトレーナーと、実際のトレーニングで指導してくれるトレーナーが違うといった場合もある。

もし、好きなトレーナーに教わりたいという理由でジムを選ぶのであれば、入会する前によくチェックしておくことだ。

「すぐ or 確実に痩せられる」が謳い文句

『2ヶ月で○○kg痩せる』『あなたも確実に痩せられる』といったジムが増えている。そうした結果が得られたことは恐らく事実であろう。

しかし、すぐに結果が得られるということは、それ相応のリスクが伴うということを知っておくこと。

ここで言うリスクにはさまざまなものがあるが、私が多く接してきたのは「すぐリバウンドした」「生理が止まった」「仕事に集中できなくなった」という人たちである。

さらに深刻なものになると、摂食障害を引き起こすケースもある。

世の中そんなに美味しい話は存在しない。得られる以上に失うものが大きいので、よく考えてから選ぶようにしよう。

料金が高い = 良いジムとは限らない

パーソナルトレーニングの価格はピンキリだ。

料金が高いからといって、良い指導が受けられるとは限らない。土地やテナント代かもしれないし、周りの相場に合わせているケースもある。

前述のように、アルバイトや社員研修を終えただけのトレーナーを雇っている大手のジムも多くある。

また、トレーニングの他にサプリメントを勧められ、予算よりもだいぶ高くついてしまったというケースも耳にする。

立地や知名度だけで選ばす、周りの声を聞くなどしてよく調べてから選ぶようにしよう。

自宅から近いという理由で選んではいけない

自宅や職場から近いという理由で、ジムを選ぶ人も多いと思う。

たしかにその方が通いやすいし、負担も少ない。

しかし、それは一般的なフィットネスジムに通う場合の話である。1人でトレーニングするフィットネスジムと、トレーナーとマンツーマンでおこなうパーソナルトレーニングは、基本的に性質が異なる。

フィットネスジムは、1人でトレーニングをするため「対マシン」という形になる。予約も要らないし、自分の好きなタイミングで通うことができるため、できるだけ通いやすい場所を選ぶのが理想だ。

しかし、パーソナルトレーニングは「対トレーナー」である。

いくら近場にあるからといって、もし相性の悪いトレーナーに当たってしまうと通うのが嫌になるし、理想の体にならない可能性すらある。多少場所が遠くなったとしても、トレーナーとの相性を優先すること。

定期的に通えないようであっても、その旨をきちんとトレーナーに伝えれば、自宅でもできるトレーニングメニューや食事プランを組んでくれるはずだ。

 

今回のまとめ

今回は、パーソナルトレーニングジムの選び方について解説した。

筋トレに興味があって、これから通おうとしている方も多いと思う。まずは、興味のあるジムを見つけて、無料カウンセリングや体験レッスンに足を運んでみることをオススメする。

その際に、立地や店舗の雰囲気だけでなく、担当になるトレーナーとの相性もきちんと把握しておくこと。

パーソナルトレーニングは、トレーナーと2人3脚でカラダをつくっていくものだ。

「最初だけトレーナーに見てもらって、あとは自分で頑張る」と考えていた人も、トレーナーとトレーニングをすることが楽しみとなり、いつのまにか長い付き合いになっているということも多々ある。

あなたも理想のトレーナーに出会うことができ、心身ともに充実した人生を送れることを願っている。

「この人についていきたい」というトレーナーを選ぶこと。

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
立川の女性専用パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」代表。全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーとしての知識を習得。『健康美』をテーマとして、過去に10,000人以上の女性のダイエットをサポート。「好きなものを食べながら、楽しく運動して痩せる」指導を得意とする。アームレスリング元世界ランク3位。トレーニング歴20年。
BEAUTY & STRENGTHで美に革命を。

今度こそ本気でダイエットを成功させたい…」
「でも、なにからはじめたらいいの?」

そんな疑問・悩みをすべて解決!

世界最新のInbodyであなたの体の状態がすべてわかる!
1日わずか10分で痩せられる方法とその秘密を伝授!
苦しい食事制限は一切なし!リバウンド率0%の実績!

BEAUTY & STRENGTHは、10,000人以上の女性のダイエットをサポートしてきた実績があります。綺麗に、そして、健康的に痩せるためのノウハウをすべてお伝えします。