ダイエット

【脱デブ思考】「食べるのが好きだから太っちゃう」は言い訳にはならない理由。

※ 心の弱い方や疲れている方は絶対に読まないでください。自己責任でお願いします。

「私、食べるのが好きなんですよね。」

はい?

「だから、食べるのが好きで太っちゃうんですよね。」

。。。

ふざけてんの?

って、素直に思います。

「デブは意志が弱いんだよ!」とか、「痩せるって決めたなら食うなよ!」とか、色々な意見があると思います。

でもさ、その前に一言だけ言っていいですか?

食べるの嫌いな人いる?

って私は思います。

だってそうじゃないですか。

今の世の中、美味しいもので溢れています。

スマホで美味しそうなお店を探したり、友達と話題のお店に行ったり、どこのお店を見渡してもみんな美味しそうにご飯を食べています。みんな食べることが大好きなんですよ。

それをですよ、「自分は食べるのが好き!だから太っちゃうのはしょうがない!」とか、なに特別な存在ぶっちゃってんの?って思います。

みんな食べるの好きに決まってるでしょ(笑)

そういう厳しい現実をきちんと受け止めながら、みんな太らないように努力してるわけじゃん。

なのに、なに「食べるのが好き = 太るのはしょうがない」みたいに開き直ってんの?

バカも休み休み言えよ。って思うわけですよ。

みんなそう思ってるけど、言わない、あるいは言えないだけなんですよ。

だから、この際、僕がハッキリ言わせていただきます。

「ふざけんじゃねぇぞ」って。

みんな、美味しい焼肉だって、ケーキだって、食べますよ。

次の週末はどこ食べに行こうかなーとか、美味しいお店ないかなーとか探してますよ。

私もそうです。

みんな食べるの大好きですもん。

でも、ちゃんと太らないように自分でコントロールしてるわけ。

それをだ、「私、食べるのが好きだから太っちゃう」だとか「食べるのが好きだから痩せられない」だとか、ほんとふざけんじゃねぇぞ、って思います。

 

しかもですよ

そういう人に限って「だって、○○ちゃんは太りにくい体質だしー」とか言いはじめる。

 

はぁーーーーー!?

お前、ふざけんじゃねぇぞ!?もういっぺん言ってみろこの野郎!!

って思いません?

こっちがどんだけ努力してると思ってんだよ。お前は食ったら食いっぱなしだけど、こっちはその後ちゃんとジム行ったり、ランニングしたり、ご飯の量調節したり、色々考えてんだよ。なにが、太りにくい体質だよ。ブッ飛ばすぞこの野郎!!

って、私が女性だったら思いますよ。

リアルな話、ほんとそういうことだと思います。

 

デブってつまり、借りたお金をいつまでも返さない人と同じなんですよ。

借りたら借りっぱなし。

別にお金をたくさん借りることは悪いことじゃないですよね?

銀行から多額の融資を受けて事業を回している企業はいくらでもありますよね?

なら、たくさん食べることだって別に悪いことじゃないですよね?

決められた期限に、決められた額をきちんと返せば、全然悪いことではないはずです。

でも、デブはそういう決まりを平気で破る。

だって、食ったら食いっぱなしで、利息と共に借金どんどん膨らんでいくんですもん。

痩せてる人って、お金を借りてもちゃんと返してる人なんですよ。

これはあくまで例え話ですよ?

デブって、ちょっと運動したくらいで「全然痩せない」とか言うじゃないですか。

いや、まだ利息分も返せてないから(笑)って思うんです。

ほら、2 ~ 3回ちょろっとジムで運動したくらいで「全然体重減らない」とかほざく。

いやいや、何年かけてその脂肪(借金)蓄えてきたんだよ、って思いますから。

1ヶ月で超痩せたとか、2ヶ月で激痩せしたとか、そんな結果どうでもいいんですよ。

「その後」が問題なわけじゃないですか。

生々しい話をすると、そういう過酷なダイエットをして、その後またデブった人なんかいくらでもいるわけですよ。

せっかく借金返済したのに、また借金抱えて「どうしよう」なんて人、何人見てきたか分からない。

当たり前じゃないですか、体は痩せても「デブ脳」のままなんだから。

痩せることなんかハッキリ言って簡単なんですよ。1ヶ月も2ヶ月もあれば、誰だって痩せます。むしろ、痩せないほうがやばい。

でも、「デブ脳」ってのはそう簡単には変わらないわけですよ。

だって、ダイエット成功したと思ったら「ダメダメ!麺類は太る!」とか「え!これ糖質めっちゃ入ってるじゃん!体に悪い!」とか「夜に白米なんか食べたら太る!お肉だけにしよー!」とか、まだそんなこと言ってる人いるでしょう?

あれ、ダメね。

典型的なデブ脳。

これについては今度話すから、少しでも自覚のある人は頭の片隅に置いておいてください。

 

まぁ、こんな感じで、デブは色々考え方が歪み過ぎてるわけですよ。

だって、食べるのが好きでも、痩せてる人なんかいくらでもいるわけじゃないですか。

むしろ、私の周りは食べるのが好きな人ばかり。

ラーメンチャーハンなんて当たり前ですし、お酒だってスイーツだって楽しんでますよ。

でも、太ってないんですよ。

なぜか。

それ以外のところでちゃんとコントロールしてるからに他ならないわけです。

しかも、我慢しないから、ストレスも溜まらない。すべてが健全なわけ。

でも、デブは考え方が短絡的だから「〇〇ちゃんは、好きなもの食べてるのに太らなくていいなぁー」とか言い出す。

お前、その人の生活全部見てるの?って思います。

だいたいそういう人って、痩せている人のほんの一部しか見ないで物事決めつけていますから。

あなたの場合は、99%がデブな生活で、1%がせいぜいダイエットなんでしょう。

痩せている人はその逆なんですよ。

99%が努力で、1%がデブな生活なわけ。

あなたはその1%しか見ないで決めつけてるんですよ。

「○○ちゃんは、職場でお菓子ばっか食べてるのに痩せててズルい!」とか言う人いるけど、帰りにジム行ってるかもしれないし、夕飯を少なめにしてるかもしれないじゃないですか。

断片的な情報からは、すべては見えないんですよ。

私は、職業柄、多角的な目線で、慎重に分析する必要があるので、そういう断片的な情報はあまり参考にしません。必ずトータルで考えます。

「デブは必ず食ってる」

というのは紛れもない事実です。

いつまでもデブな言い訳してないで、今から外走ってこい!いつまでも甘っタレてんじゃねぇ!

って思います。

いいですか。

「食べるのが好きだから太っちゃう」

じゃなくて

「食べるのが好きだから、ちゃんと運動してるんです!」

って、今日から言えるようにしましょうね。

では。

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
立川の女性専用パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」代表。全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーとしての知識を習得。『健康美』をテーマとして、過去に10,000人以上の女性のダイエットをサポート。「好きなものを食べながら、楽しく運動して痩せる」指導を得意とする。アームレスリング元世界ランク3位。トレーニング歴20年。現在はトライアスロンとトレイルランニングに挑戦中。