ダイエット

【デブスパイラル理論】ジムに行くべき本当の理由を考えたことありますか?

※激辛な内容のため、心の弱い方や疲れている方は絶対に読まないでください。自己責任でお願いします。

夜、お腹が空きました。

新作のハーゲンダッツを買いに、1km先のコンビニまで行きます。

あなたは、車で行きますか、自転車で行きますか(徒歩でもOK)?

太る原因って、日常生活の何気ないところに隠されています。

私が一番驚くのは、駅のエスカレーターを使うのに10m以上の列に並んでいる人たちがいることです。

もちろん、隣の階段はガラ空き。

「いや、どんだけ歩きたくないんだよ」って思います。

これが、東京駅とか地下鉄大江戸線のようにメッチャ長い階段だったら話は別ですよ?

歩いたほうが早いじゃん!ってレベルの階段でも、平気で大行列を作っているわけですから、本当に驚きます。

私は、エスカレーターは太る組階段は痩せる組

と考えています。

その人の生活の一部だけを見て判断するのは良くないことは分かっています。

けど、一言だけ言わせてもらうと

大行列に並んでまでエスカレーターを使うような人間が、健康意識が高いはずがない。

そういう人たちが、日頃からきちんと運動しているとは到底思えません。

そういう人に限って、「疲れるからヤダ」とか「息あがるからムリ」とか、すぐデブな言い訳を始める。

だからどんどんデブになって、体が重くなって、余計に動くのが面倒になって、さらにデブになるんですよ。

私は、このような悪循環をデブスパイラル理論と名付けています。

一度ハマるとなかなか抜け出せないので、どこかでこの悪循環を断ち切らなければなりません。

 

なにが言いたいかというと、ラクしたツケというのは、必ず後で返ってくるということ。

今は、便利な世の中です。

イスに座ってパソコンの前で仕事をできますし、会社に行かなくてもビデオ会議だってできます。

駅もマンションもエレベーターやエスカレーターが設置されていますし、フラット化が進んでいます。

LINEやSNSを使えば、直接会わなくても自由にコミュニケーションが取れます。

電動自転車やお掃除ロボットの登場など、私たちの生活はどんどんラクになっています。

ラクになるということは、裏を返せば「体を使わなくなる」ということです。

体を使わなければ、筋肉や体力はどんどん衰えますし、カロリーを消費をしなくなるのでどんどんデブになります。

ただし、妊婦さんや乳幼児を抱えた方、障害者の方、高齢の方にとっては、喜ばしいことですし、必要なものです。積極的に活用してください。

しかし、そうではない健康な人たちが、日頃からエスカレーターやエレベーターばかり使っていれば、どんどん体は退化し、デブになっていくのは火を見るよりも明らかです。

すぐにタクシーに乗る人が多いのも、正直驚いています。

大袈裟な話ではなく、私、タクシーって2 ~ 3年に1回くらいしか乗らないです。

ビジネスで利用するなら話は別ですが、プライベートでちょっとした場所に移動するのにもタクシーを利用する人多いでしょう?

いや、歩けよ。って本気で思ってます。

 

ジムに行くべき本当の理由って考えたことありますか?

多くの人は、丸いヒップが欲しいとか、脚の間に隙間が欲しいとか、腹筋に綺麗な縦線を入れたいとか、そういう動機でジムに通っているはずです。

それでも結構。

けど、私が考える、ジムに行くべき本当の理由って

ラクな生活をしている帳尻を合わせるため、なんですね。

矛盾するようですが、エスカレーターもエレベーターもタクシーも全然使っていいんですよ。

汗をかきたくなかったり、重い荷物を持っていたり、そういう時は全然使ってOK。

けど、その時はラクをしたんだから、ちゃんとジムで体を動かすなり、後でランニングをするなり、どこかで帳尻を合わせないといけないよ、ってことです。

デブってその調整ができない人なんです。

これって、食事に関しても同じです。

私、いつも言ってますよね?

お菓子でもジャンクフードでも全然食べてもいいですよ!って。

でも、それは、その前後できちんと帳尻を合わせる行為があっての話です。

運動も肉体労働もしてないのに、お菓子やジャンクフードばかり食べてたら、デブになるだけですから。

よくいるでしょう?

「あぁ、ハーゲンダッツ食べちゃった」とか「チーズケーキつまんじゃった」とか、嘆いてる人。

いや、運動しろよ(笑)って思うんですよ。

別に関係ないじゃないですか食べたって。

1個や2個食べたくらいで太るわけないし、そもそも、運動していない自分を責めろよって思いますけどね。

全部、バランスの問題です。

 

この記事を読んで、少しでも日頃からラクをしている自覚のある人は、どこかで調整しなければなりませんよ。

断言しますが、そうでないと遅かれ早かれ、必ずデブになりますから。

今は若くてなんとかキープできていても、いつまでも若さに甘えていると、年齢を重ねた時に必ず「若い頃は痩せてた」なんて言い始めますから。

私はそういうデブで醜い言い訳は聞きなくないので、ラクをした分、ちゃんとジムに行くなり、ランニングするなりして、体を労ってあげてください、というお話でした。

ではまた。

ABOUT ME
浅野 弘樹
浅野 弘樹
立川の女性専用パーソナルトレーニングジム「BEAUTY & STRENGTH」代表。全米ストレングス&コンディション協会認定パーソナルトレーナー。米国カリフォルニア州サンタモニカの大学にてパーソナルトレーナーとしての知識を習得。『健康美』をテーマとして、過去に10,000人以上の女性のダイエットをサポート。「好きなものを食べながら、楽しく運動して痩せる」指導を得意とする。アームレスリング元世界ランク3位。トレーニング歴20年。現在はトライアスロンとトレイルランニングに挑戦中。